住宅ローンを完済するための8つの秘訣と選び方とは?ローン地獄に陥らないための方法を伝授します!

住宅ローンは計画的に利用すれば怖くない!

住宅は一生に一度の買い物と言われるくらい、とても高額なりますので、住宅ローンを組むことを躊躇している方も多いでしょう。しかし、しっかりと返済計画を立てることによって、無理なく支払うことができますので、全く問題ありません。最近は、お得な金利の住宅ローンも増えてきましたので、ぜひあなたもきちんと計画性を持って住宅ローンを利用しましょう。毎月の返済をきちんとするためには、どのような計画を立てればいいのでしょうか。そのためには、金利に注目することが大事です。

 

突然の金利上昇のための有効な対策方法とは?

金利というのは、どのタイミングで上昇するのか誰にも予想が付きません。だから、突然金利が上昇することも十分に考えられます。金利が上昇すると、毎月の返済額も上昇してしまいます。そのようなリスクを避けるためにはどうすればいいのかですが、基本的には支払いは繰り上げ返済をお勧めします。繰り上げ返済とは、毎月の支払いにプラスαの金額を加えて返済することです。そうすれば、たとえ30年ローンを組んだとしても、20年で完済することもできます。突然の金利上昇の対策には、有効な手段だと言えます。

 

最初から無理の無い支払い方法がベスト

住宅ローンを組むときは、無理の無い支払い方法を選ぶといいでしょう。例えば、突然のリストラや減給があったとしても、無理の無い支払いにしておけば大丈夫です。住宅ローンは滞納すると、最悪差し押さえになってしまいますので、それだけは避けなくてはいけません。そのためには、毎月の支払いを少なく設定することが大事です。そして、通常時はどんどん繰り上げ返済すれば、元金を返済することが可能なので、リスクヘッジのためにもきついローンではなくて、ゆとりのあるローンにしましょう。

 

住宅ローンの借り換えは有効な対策なのか?

金利が上昇したら、借り換えをすれば問題ないのでは?と思ったあなたは、ちょっと待ってください。確かに、低金利の金融機関に借り換えすれば、それだけ毎月の支払いを抑えることができる理屈は立ちますが、金利が上昇すれば、他の金融機関の金利も一斉に上昇しますので、あまり現実的ではありません。結局借りるところが異なるだけで、無意味なものになりますので、住宅ローンを組むときは、最初に決めた金融機関に返済することだけを考えるようにしましょう。

 

住宅ローンは物件探しから始めると効率的

住宅ローンを選ぶときには、まずは希望の物件を探すことから始めます。そして、そこの購入資金や仮にそこに住んだ場合、会社までどのくらいの交通費が必要になるのか、マイカーを購入する必要も出てくるのか、さらに近所にはスーパーなどはあるのかによって、住宅ローン以外の出費も変わってきます。いくら金利が安い住宅ローンであっても、それ以外の出費が増えてしまっては意味がありません。まずは、物件探しから始めて、そこに住んだ場合をシミュレーションするといいでしょう。

 

不動産屋の口車に乗ると損をする!?金融機関の選び方解説

そして、良い物件を見つけ、購入しようと思ったタイミングになると、不動産屋は提携している金融機関を紹介してきます。しかし、不動産屋が提携しているのは、大抵大手の都市銀行などですが、金利が必ずしも安いとは言えません。探せば地方銀行などのもっと安い住宅ローンを見つけることができますので、いくら手間を省きたいからといって、不動産屋が紹介する金融機関に即決するのは止めて、まずはそこの金利がいくらなのかを調べてください。

 

確定申告には住宅ローン控除が利用できる!

実は、確定申告するときには、住宅ローン分を控除することができます。だから、節税のためにも確定申告には必ず行ってください。無駄な税金を支払うと、それだけローンの返済もきつくなります。住宅ローンを完済するためには、毎月の出費も減らす必要がありますので、無駄な支出をしないように心がけましょう。確定申告のことでわからないことがあったら、金融機関でもいいですし、税務署でもいいので、確定申告前に住宅ローンの控除のことで相談に行くと問題ありません。

 

あなたも住宅ローンを完済できる!

住宅ローンの場合、金額が1000万円にも2000万円にもなりますので、完済できるか心配になることもありますが、計画的に返済し、リスクヘッジしていけば問題なく完済できます。そのためには、事前のシミュレーションがとても大事です。住宅ローンを組むと、ローンのことしか頭に無くなってしまいますが、毎月の出費はそれだけではありません。固定支出を抑え、その分をローンの返済に回すことによって、意外と早く完済できますので、あなたも自信を持って住宅ローンを利用してください。返済シミュレーションは、今やネットで探せば無料で利用できますので、年収と返済額を照らし合わせながら考慮するといいでしょう。

 

MENU

  1. 住宅ローンおすすめ

    【比較】お得な銀行はどこ?住宅ローンは無料の比較サイトを利用して決めよう!
  2. 住宅ローンおすすめ

    住宅ローンはなぜ金利が低いのか?低金利の今こそ念願のマイホームを取得しよう!
  3. 住宅ローンおすすめ

    住宅ローンの気になる年齢制限は!?35年ローンなら45歳がリミットの理由とは?
  4. 住宅ローンおすすめ

    住宅の審査内容を暴露!審査の基準や期間を教えます!審査攻略のヒントあり
  5. 住宅ローンおすすめ

    住宅ローンの融資額は年収で決まる!銀行では教えてくれない融資額の基準とは?
PAGE TOP