住宅ローンおすすめ

住宅ローンの融資額は年収で決まる!銀行では教えてくれない融資額の基準とは?


住宅ローンと年収の関係とは?いくらまで借りれるの?

住宅ローンで高額融資が可能になりますが、実際のところはいくらまで借りることができるでしょうか。例えば、年収400万円未満の場合であれば、融資額は年収の30%までになります。だから、年収400万円の人が500万円の住宅ローンを利用することはできません。高い年収になればそれだけ住宅ローンの融資額が大きくなりますが、年収が低いうちはそこまでの融資を受けることはできませんのでご注意ください。これは、無理なローン返済によって、お客が破産するのを防ぐための制度です。

 

あなたにとってベストな住宅ローンを利用しよう

住宅を購入するときに住宅ローンを利用しますが、そのローンが果たしてあなたにとってベストなのか?これをしっかりと考慮しなくてはいけません。例えば、早めに返済しようと思って、毎月の返済額を多めにしようと思っても、子供が生まれたりしたらそれだけお金がかかりますので、ローンの返済がきつくなってしまいます。支出はローンだけではありませんので、他の支出もしっかりと考慮しつつ、いざというときの備えもする必要があります。そう考えると、無理な返済計画になっていないのかを、客観的に考えることができますので、住宅ローンの選び方も決まってきますね。

 

住宅ローンはどこがいいのか?選ばれているローンは?

住宅ローンは年収によって融資額が決まりますが、金利が安ければ安いほど毎月の返済も楽になります。では、住宅ローンで選ばれているのは、どこの金融機関なのかといいますと、大手都市銀行ではなくてネットバンクがよく選ばれています。ネットバンクとは、例えば住信SBIネット銀行を始めとした、実店舗を構えてない銀行です。実店舗を構えていない分、その分の経費を抑えることができるので、その分を金利に還元できるというわけです。今やネットの時代なので、銀行選びもネットバンクがよく選ばれています。

 

どのくらいの返済期間でどのくらいの支払いなのか?

返済期間が20年の場合だと毎月8万円の支払いになります。また、返済期間が35年になっても8万円でいいのですが、実はトータルで支払う金額には、約600万円もの差が出てきます。返済期間が長くなればなるほど、トータルの支払額が大きくなります。したがって、できることなら、短期間で住宅ローンを完済する方がいいと言えます。そのためには、住宅の購入費用として貯金をすることから始めておきましょう。住宅ローンは確かに低金利ですが、やはりいくら低金利でも融資額が大きいので、返済額もそれだけ大きくなります。

 

関連記事

  1. 住宅ローンおすすめ

    住宅ローンはなぜ金利が低いのか?低金利の今こそ念願のマイホームを取得しよう!

    なぜ住宅ローンの金利は低いのか?その理由とは?住宅ローンの場合…

  2. 住宅ローンおすすめ

    住宅ローンは公務員が有利!公務員が低金利でお得なローンを利用できる理由とは?

    公務員だと金利が下がる?実際のところはどうなのか?何かと優遇さ…

  3. 住宅ローンおすすめ

    住宅ローンの気になる年齢制限は!?35年ローンなら45歳がリミットの理由とは?

    住宅ローンは年齢制限があるって聞いたけど?一生に一度の買い物と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

MENU

  1. 住宅ローンおすすめ

    住宅ローンのお勧めはどこ?0.56%の低金利ローンを利用して賢くローンの返済をし…
  2. 住宅ローンおすすめ

    住宅ローンはなぜ金利が低いのか?低金利の今こそ念願のマイホームを取得しよう!
  3. 住宅ローンおすすめ

    住宅ローンの気になる年齢制限は!?35年ローンなら45歳がリミットの理由とは?
  4. 住宅ローンおすすめ

    住宅ローンの融資額は年収で決まる!銀行では教えてくれない融資額の基準とは?
  5. 住宅ローンおすすめ

    電話確認無しの住宅ローンはあるのか!?電話がかかってきたときのベストな対処方法も…
PAGE TOP